「知覚の旅人」ワークショップ からだの動きを伝えるためのことばづくり モニター募集

私たちは、静岡東部を中心に、さまざまな芸術に関する実験的な企画を行っている「スケラボ」という団体です。特に「現代サーカス」や「コンテンポラリーダンス」と呼ばれる、言葉のない、抽象的な表現の作品を得意としています。セリフや脚本がなく、人やものの動きで、ストーリーや感情をあらわす芸術作品なのですが、言葉がないので世界中の誰にでも楽しんでもらえるものです。
この、言葉のない作品に、あえて言葉をつけることで、新しい扉が開くのではないかと考えています。見る人によって違う言葉がつくでしょうし、言葉だけを聞いたら、詩やファンタジー小説を耳で味わうような体験や、心地よい音声コンテンツになるかもしれないと考えています。
 そこで、実際に目の前でプロによるパフォーマンスを見て、それを言葉にして、参加者同士で語り合い、吟味して、音声ガイドの原稿にしてみるワークショップを開催します。日時は2023年1月22日日曜日、13時30分から16時頃までの予定で、会場は、JR沼津駅南口ロータリーの目の前にある沼津ラクーン(元西武百貨店)の6階のイベントスペースです。
このワークショップに、見えない・見えにくい方のモニターを2〜3名募集します。ご自身の立場から、どんな言葉が伝わりやすいのか、どんなことを知りたいのかなどをお聞かせいただき、パフォーマンスを言葉で楽しむことの可能性について、参加者と一緒に語り合う場にしたいと考えています。
最終的には音声ガイドを作りたいと思っているのですが、ワークショップでは、正解のない議論の場を大切にしたいと思っています。


モニターとしてご参加いただける方には、薄謝と最寄り駅からJR沼津駅までの1名分の往復交通費(上限あり)をお支払いいたします。
当日までに、メールか電話で集合場所や送迎等についてのやりとりをし、当日は、一般参加者より少し早めに、開始20分前までにお越しください。
応募いただける場合は、お名前とご連絡先(電話番号かメールアドレス、ご連絡の取りやすい方法)、本企画への質問や意気込みなどがあればご記入いただき、メール 「info@scalelabo.jp」でお送りください。

本企画の担当者:スケラボ 住(すみ)
連絡先:info@scalelabo.jp

モニター募集については以上で、以下は参考です。



私たちがやろうとしているワークショップの参考にした試みの動画URL
音で観るダンス  
ダンスのアクセシビリティを考えるラボ〜視覚障害者と味わうダンス観賞篇〜
Dance Base Yokohama「ダンスのアクセシビリティを考えるラボ〜視覚障害者と味わうダンス観賞篇〜」
出演:林建太(視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ代表)、藤本昌宏(立教大学文学部文学科英米文学専修 学生)



以下は一般参加者向けの企画概要です。

企画タイトル:「知覚の旅人」ワークショップ からだの動きを伝えるためのことばづくり
日時:2023年1月22日(日)13:30〜16:00終了予定
会場:沼津ラクーン 6階(沼津市大手町3-4-1/JR沼津駅南口徒歩1分)
定員:10名程度
参加費:無料
対象:パフォーミングアーツを見ることが好きな方、芸術作品の音声ガイドに興味がある方、パフォーマーなど(中学生以上どなたでも)
人が身体や道具を動かして、感情やストーリーを紡いでいく、「コンテンポラリーダンス」や「現代サーカス」と呼ばれる身体表現作品は、セリフや脚本がある演劇等よりも、作品の内容を言葉で紡ぐことが難しいジャンルです。一方で、近年、芸術作品をより多くの人に届けるために、バリアフリー化の動きが進んでいます。そこでスケラボは、言葉のない作品を音声でも楽しんでもらうための研究をはじめました。今回は、プロのパフォーマーの動きを見て、それを言葉にして、お互いの言葉を受け取りながら、そのパフォーマンスを見ていない/見えない人にも感動を伝えるための実験を、みんなでしてみたいと思います。最後には、実際に短い音声ガイドを作ってみましょう。見ることが好きな方も、言葉にすることに興味がある方も、パフォーマーの方も、どなたでも参加歓迎です。

※ワークショップの記録映像・写真と完成した音声ガイド原稿はワークショップの成果として、報告書等の印刷物やインターネット上で公開される可能性があります。

ファシリテーター:住麻紀(スケラボ)
パフォーマンス:長井望美、及川紗都(スケラボ)
主催:スケラボ(Scale Laboratory) 支援:アーツカウンシルしずおか 協力:沼津ラクーン

●パフォーマープロフィール
○長井 望美(ながい・のぞみ)
人形遣い、人形美術家。人形劇団ネンネンネムネム!ねむり鳥主宰。
こども部屋の人形遊びから出発し、金沢で工芸を学び、人形をつくり、つかい始める。舞台美術家堀尾幸男氏助手、人形遣い黒谷都氏師事を経て2017年独立。音楽家や他分野アーティストとの共同創作、海外フェスティバルでの上演活動などを展開。「人間の生命を映す友人、人形」と旅を続ける。今日の芸術表現としての人形劇を追求したい。2019年ねむり鳥×コルグラフランスツアー、ロシアUnima Youth In Progress参加。2022年長井望美×目黒陽介企画「つくり、つかう」展など。

○及川 紗都(おいかわ・さと)
6 歳よりクラシックバレエを始める。
東京シティ・バレエ団、Noism2、South Bohemian Theatre(チェコ共和国)等に所属。
帰国後は専門学校で建築を学び、ダンスにとどまらず舞台監督助手から住宅の設計まで幅広く活動している。