Scale Laboratoryについて

Scale Laboratory(スケラボ)は、伊豆を拠点に「ひとりでも多くの人が、生活と地続きに無理なく芸術を楽しめるローカル」を目指し、役目を終えた施設や、使われていない場所などに一時的に活動の場(=舞台)を作り上げ、様々な芸術に関わる企画を行っています。

「衣食住芸(生活とともにあるアート)」
「移動(開催場所の開拓)」
「越境(ジャンルの横断、掛け合わせ)」
「継続(定期開催と発展)」をテーマに、伊豆半島を南下しながら、宿営地のようにいくつもの“芸術を楽しむ場(舞台=プラットホーム)”を拓き、育て、鑑賞者をはじめ、プレイヤーや裏方など、芸術に関わる人材と芸術鑑賞の機会を増やしていくことを目的に活動をしています。

静岡県の中で最も首都圏に近い伊豆地方は、プロとして作家活動やをしている人や小さな芸術グループは数多くありますが、それらを牽引し、中心的な役割を果たすホールや美術館、団体が存在せず、それぞれの活動を知ることや、地域やジャンルを超えて協力し合うことが充分できているとは言えません。
また、静岡県中部・西部地区に比べ、マスコミや出版、映像制作などの創造産業の需要が少なく、そのような技能を持つ人材を地域が抱えきれないという問題もあります。
中心メンバーのほとんどが創造産業に関わるプロフェッショナルであるスケラボは、活動を通じ、伊豆地域を高レベルなクリエイティブ人材の“地産地消”地域にしていきたいと考えています。
この活動は、自分たちがこの素晴らしい伊豆に住み続けるための居場所づくりでもあるし、より多くのプロ、プロの卵たちに伊豆に来て欲しい、居続けて欲しいという種まきでもあります。
一番大切なアートの中身やスキルを地域外に頼っていては、「ひとりでも多くの人が、生活と地続きに無理なく芸術を楽しめるローカル」は実現しないと考えるからです。

平成29年度は3月まで、「アートキャンプ」と題した複合型のアートイベントを沼津で開催しました。
コンテンポラリーダンスの公演や、若手研究者による美術の話、ダンサーをモデルにしたクロッキー会や撮影会など、毎回違ったゲストをお迎えし、美味しいものを食べたり飲んだりしながら、肩肘張らず、誰でも気軽に芸術鑑賞を楽しむ空間を作り上げます。
また、「妄想会議」と題して、地域の抱える問題や、やりたいことがあるけれどやり方が分からないという方々の話をみんなで聞くイベントも行っています。妄想会議で出てきたアイディアや出会った人が、次のスケラボの企画のタネやになっていきます。

主宰の川上大二郎の本業は、舞台監督です。

照明、音響、美術、衣装……毎回、一から「舞台」を作り上げるのは、それはもう大変ですが、五感で芸術を楽しむのに「空間」の力は非常に重要です。
私たちは、空間に新しい力を与えることができます。数時間前まで何もなかった場所が、たくさんの人が笑顔になる風景に変わる様を見せることができます。
どうぞ、ご期待ください。

Scale Laboratory is an organization based on  Shizuoka Japan, produce various art projects, mainly performing art, from 2016.
The aim is make local the place which more people can feel comfortable with art, like artis part of their life.
The concept is “communication and direction”, making temporary stage in the place which is not used.
The projects have broadtype of contents, from traditional art to improvisation, value the reaction between different genre of artist.
The director is Daijiro Kawakami, who is working as a stage manager.
Adopted advanced program for arts and culture Shizuoka 2016-2018.

スケラボパンフレット 2016-2018(PDF6.5MB)

2018年3月、2年分の活動をまとめたパンフレットを発行しました!
ぜひご覧ください。

2016年度静岡県文化プログラムモデルプログラム(10月~3月)

2017年度静岡県文化プログラム(11月~3月)

2018年度静岡県文化プログラム(8月~3月)

■ 静岡県文化プログラム報告書2015-2016(p26-33に掲載)


Scale Laboratoryの活動履歴


【自主事業】

●スケラボアートキャンプ

●定期講座・ワークショップ

●妄想会議

●特別公演(自主企画)

●特別公演(招致・共催企画)

【協力事業】

 

【自主事業】

スケラボアートキャンプ

概要:コンテンポラリーダンサーを招いてのデッサン会とソロパフォーマンスによる「踊る標的」、地元にゆかりの作家や新進気鋭の研究者らによる「アートトーク」を軸に、食事や夜景とともに様々なジャンルのアートをキャンプのように気軽に、自由に楽しむイベント。

第1回 2017年11月18日(土)〜11月22日(水)

11/18,19 踊る標的 ゲスト:遠藤綾野(ダンサー)

アートトーク ゲスト:渡辺真也(インディペンデントキュレーター・映像作家)
『哀史奄美』上映会&監督トーク

11/20〜11/22 衣裳デザイナー千明さんと作るチュニック

第2回 2017年12月15日(金)〜12月16日(土)

12/15 待ち合わせは月の裏側 vol.2  ゲスト:樽木栄一郎(ギターの弾き語り )、サノ ユカシ(ライブペインティング)

12/16 踊る標的 ゲスト:奥野美和(ダンサー・振付家・映像作家)

アートトーク ゲスト:若山満大(インディペンデント・キュレーター・編集者)
「名無しの写真史」~日本の「アートフォト事始め」から「写真報国」まで

第3回 2018年2月16日(金)~18日(日)テーマ「衣装」

2/16 サノユカシのファブリックアート講座 講師:サノユカシ(イラストレーター)

2/17-18 千明さんと作る春服と小物 講師:西川千明(衣裳デザイナー)

2/18 アートトーク  ゲスト:西川千明、小林英治(編集者・ライター)
「服から映画を観てみよう」

第4回 2018年3月17日(土)〜18日(日)テーマ「演劇」

3/17 加藤剛史仕事変えるってよ演劇祭② 河原乞食:女子会。旗揚げ公演「解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話」

3/18 演劇 ワークショップ×アンワークショップ 「演劇でできることと、 できないたくさんのこと」講師:川上大二郎(舞台監督・Scale Laboratory主宰)

定期講座・ワークショップ

概要:カフェの空き時間や閉店後の商店などを借りて行う、アートとの距離を縮める講座。スケラボスタッフが各自の得意分野で講師やコーディネーターを務める。


2017年度


サノユカシのおえかきの時間ですよ(イラスト講座)

2017年11月~3月(計5回)

会場:沼津ラクーン

講師:サノユカシ(イラストレーター)

南のデッサン会 @沼津(デッサン講座) 

2017年11月~3月(計5回)

会場:沼津ラクーン

講師:南大介(お笑い芸人)

 


2016年度


絵解きで美術史(読書会)

2016年4月~2017年4月(全10回)

会場:カフェ・うーるー(三島市)

コーディネート:住康平(美術家)

南のデッサン会

2016年2月~2017年2月(計7回)

会場:熱海市内・三島市内

講師:南大介(お笑い芸人)

妄想会議

概要:企画のアイディアや地域の「こうなったらいいな」という妄想を集める公開プレゼン会。地域課題を共有し、その先の実現に向けてスケラボが併走するきっかけづくり。


2017年度


妄想会議@熱海

2017年12月22日

会場:naedoco(熱海市)


2016年度


ラクーン妄想会議

2016年10月26日

会場:沼津ラクーン

 

特別公演(自主企画)

概要:ジャンル横断と即興、世界で活躍するパフォーマーと地元アーティストの掛け合わせ、様々な表現に触れることを目的とした自主企画。


2017年度


EAST MEETS WEST MEETS MIDWEST(電子音楽×コントラバス×ダンス×舞踏)

2018年1月25日

会場:沼津ラクーン

出演:松岡大(舞踏家)、入手杏奈(ダンサー)、 カール・ストーン(電子音楽)&パール・アレキサンダー(コントラバス)




360°Marimba for 6 players(6台のマリンバ・6人の奏者によるアンサンブル) 

2018年1月7日

会場:沼津ラクーン

プロデューサー・奏者:鈴木彩

奏者:長坂 萌、渡邊千尋、篠崎陽子、三神絵里子、原 順子

 


踊る標的@沼津ラクーン(クロッキー会及び舞踏とフラメンコギターの即興)

2017年6月23日

会場:沼津ラクーン

出演:松岡大(舞踏家)、上遠野忍(フラメンコギタリスト)

 


金・銀・惑星(宇宙をテーマにした体験型アートイベント)

2017年4月2日-4月8日

会場:沼津ラクーン

参加作家:行貝写真館(劇場型移動式写真館)、チョリ(アーティスト)、はと(絵描き)、サノユカシ(イラストレーター)、大谷まや(日本画家)、鈴木彩(パーカッショニスト)


2016年度



妄想感謝祭(年度の活動をまとめたフェスティバル)

2017年3月19日

会場:沼津ラクーン

出演:巻上公一&佐藤正治(現代音楽・ボイスパーカッションのパフォーマンス)、伴田良輔(作品展示&トーク)、移動式ミニシアター「スキマcinema」(「by the way」上映&監督トーク)、加藤剛史(「幕が上がらない、その後に。」上演)

 



白熱ダンス教室!(親子向けダンスワークショップ&ダンス教育についてのクロストーク)

2017年2月25日

会場:三島市民文化会館2階ロビー

ダンス講師:長井江里奈(ダンサー・演出家)、鈴木綾香(ダンサー)

トークゲスト:長井江里奈、中西麻友(NPO法人芸術家と子どもたち コーディネーター)、石井章代(三島市教育委員会文化振興課)


おっぱいの美術史(ヌードデッサン&美術史講義)

2016年12月20日

会場:旧吉田温泉(沼津市)

ヌードデッサン講師:南大介(お笑い芸人)

トーク講師:伴田良輔(作家、美術家、写真家、数学史研究家)、うすい奈美(美術史研究者)


待ち合わせは月の裏側(長井江里奈×鈴木彩ライブパフォーマンス)

2016年6月9日

会場:沼津ラクーン

出演:長井江里奈(ダンサー)、鈴木彩(打楽器奏者)

 


二人 反応(松岡大×鈴木彩セッション)

2016年3月10日
会場:レンタルスペースツイキ(熱海市)

出演:松岡大(舞踏家)、鈴木彩(打楽器奏者)

アフタートークゲスト:市来広一郎(atamista代表)

 


踊る標的 vol.2(長井江里奈×鈴木彩ライブパフォーマンス)

2016年3月10日
会場:レンタルスペースツイキ(熱海市)

出演:長井江里奈(ダンサー)、鈴木彩(打楽器奏者)


踊る標的vol.1(巻上公一×松岡大ライブパフォーマンスとクロッキー会)

2016年3月9日

会場:レンタルスペースツイキ(熱海市)

出演:巻上公一(音楽家)、松岡大(舞踏家)

クロッキー会講師:南大介(お笑い芸人)

 


特別公演(招致・共催企画)

概要:主に代表の川上が舞台監督の仕事で出会った一流の表現者たちを招いて行う企画。公演だけでなく、ワークショップやアフタートークを必ず同時開催する。


2017年度


TCアルプ 甲板劇「船長のいない船」(演劇公演&ワークショップ) 

2017年12月17日

会場:沼津ラクーン

出演:TCアルプ

共催:一般社団法人松本市芸術文化振興財団


2016年度


「初めてのヤットナ!」(狂言ワークショップ&公演)

2017年1月13日

会場:沼津ラクーン

出演:茂山童司、島田洋海(ともに大蔵流狂言方)


くるくるシルク「シルク!シルク!!シルク!!!」(現代サーカスワークショップ&公演) 

2016年11月11日

会場:沼津ラクーン


長月辻噺~壮大な出囃子に関する噺家の傾向と対策~(落語&音楽ライブ)

2016年9月17、18日

会場:沼津ラクーン

出演:立川志ら乃 師匠(落語)、杉山卓(アコーディオン)17日、上遠野忍(フラメンコギター)18日


みみ を 澄ませ うた を 響かせる(映像・音楽パフォーマンス)

2016年5月29日

会場:レンタルスペースツイキ(熱海市)

出演:小島ケイタニーラブ&ラブナイツ


卯月 辻囃(落語&音楽ライブ)

2016年4月5、6日

会場:レンタルスペースツイキ(熱海市)

出演:立川志ら乃 師匠(落語)、杉山卓(アコーディオン)17日、上遠野忍(フラメンコギター)18日


【協力事業】

概要:他団体より依頼を受けて企画、コーディネートしたもの。


2017年度


ベアードビール×高嶋酒造 Talk Live お酒が育む文化創出~あれから4年。そして今思うこと~

2017年12月23日

会場:沼津ラクーン

ゲスト:ブライアン・ベアード(ベアードビール代表)、高嶋一孝(高嶋酒造代表取締役)、小松浩二(REFs代表)

企画協力:Scale Laboratory


2016年度


光る真鶴ダンスツアーとミニコンサート

2017年3月18日

会場:真鶴市内(真鶴まちなーれ関連イベント)

出演:福留麻里(ダンサー)、アルプ(ミュージシャン)、大崎清夏(詩人)

企画協力:Scale Laboratory