ヴァンジ彫刻庭園美術館×スケラボ×ながめくらしつ 現代サーカス作品「咲き、くり返す」

【10/25更新】終了後のシャトルバスの時間が、17:30から17:40に変更になりました。

夕暮れの美術館。秋の庭園に咲く、ジャグリングと生演奏。

森羅万象、生命のサイクル。Flower of Lifeの物語をつむぐ、このとき限りのパフォーマンス。

ヴァンジ彫刻庭園美術館で開催中の企画展「Flower of Life」の世界を、目黒陽介の解釈で美しいパフォーマンス作品に仕立てました。

集団でのジャグリングと生演奏を軸に、美しさと驚きの同居した独自の詩的空間を創り出す現代サーカス集団「ながめくらしつ」と、静岡東部を拠点にさまざまな場所を「舞台」に作り替える「スケラボ」。

イタリアの現代具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの作品が四季折々の植物と調和する庭園を舞台に、ダイナミックな空間演出、高度な身体表現と、詩情あふれる音楽とストーリーが織りなす、唯一無二のパフォーマンス作品を上演します。

開催概要

日時:2022年10月28日(金)、29日(土)、30日(日)
   各日16:00受付開始 16:30開演17:20終了予定(約50分) 全3公演

会場:ヴァンジ彫刻庭園美術館 庭園(静岡県駿東郡長泉町東野347−1)▶︎Website

料金:一般 3500円 高・大学生2500円 中学生以下1500円(当日の入館料含む)※未就学児無料

定員:各回100名

予約方法:

前売券…①スケラボwebサイトで受付 ②ハンの辻村(沼津市高島本町2-27)店頭販売 ※申込先着順

当日券…席がある場合のみ、当日13:00からヴァンジ彫刻庭園美術館受付にて販売

※前売券には特典がつきます(当日引き換え)。


前売り券はこちらから(10月1日 10:00 販売開始)

「咲きくり返す」10月29日(土)前売り券売り場へのリンク
「咲きくり返す」10月30日(日)前売り券売り場へのリンク

ご確認ください

・庭園内を歩きながら鑑賞するスタイルの公演です。1人用のレジャーシートやマットをお持ちいただいても構いません。折り畳み椅子はご遠慮ください。

・雨天でも開催します。雨具をお持ちください。荒天や災害、出演者の体調不良等やむを得ない事情で公演を中止する場合は、当日の10時までにスケラボ公式サイト、SNSでチケットの払い戻し方法含め告知します。

・公演中に写真、映像撮影をいたします。撮影した画像・映像は、スケラボ及びヴァンジ彫刻庭園美術館の記録や広報用に公開する可能性があることをご了承ください。

・JR三島駅行きのシャトルバスの最終は17:40発車です。座席数の把握のため、予約時に交通手段をお伺いします。

・チケットは枚数や席種・券種、支払方法、公演日等の内容を問わず、予約完了後の変更やキャンセルはできません。ただし、支払い方法に振込を選択した場合は、指定の期間までに入金が確認されない場合自動キャンセルになります。

●キャスト
目黒陽介
長谷川愛実
山村佑理
安岡あこ
イーガル
あづみぴあの
サノユカシ

演出:目黒陽介(ながめくらしつ)
音楽:イーガル(ながめくらしつ)
美術:サノユカシ(スケラボ)
舞台監督:守山真利恵
舞台監督助手:及川紗都(スケラボ)
照明:丸山武彦、國吉博文、加藤えつこ
音響:笹間敦
衣装:長谷川裕子
映像撮影:磯村拓也(スケラボ)、北見美佳
写真:小島一晃
制作:住麻紀(スケラボ)、奥村優子(ながめくらしつ)
広報:辻村聡子(スケラボ)
プロデューサー:川上大二郎(スケラボ)
主催:一般社団法人スケラボ 
共催:ながめくらしつ
特別協力:ヴァンジ彫刻庭園美術館

(C) bozzo

ながめくらしつ

ジャグリングと音楽を軸とした集団創作の振興と普及のために、2008年にジャグラー・目黒陽介が結成したジャグリング&音楽集団。異なるジャンルのアーティストとのコラボレーションにも積極的に取り組んでおり、日本では数少ない現代サーカスカンパニーとして評価され、大道芸フェスティバルからワークショップ、アートイベントや舞台公演、学校公演までさまざまなフィールドで活動中。

2014年に日本人初となる公共劇場との提携公演としてシアタートラムで2部構成の『誰でもない/終わりをみながら』を上演、2016年には同劇場で『心を置いて飛んでゆく』、2018年には夏休みこどもプロジェクト『うらのうらは、』を上演。2019年にはまつもと市民芸術館主催公演として新作『距離の呼吸』を上演。

2020年8月~2021年2月にかけて、静岡に拠点を持つScale Labolatoryに招聘され「…の手触り」シリーズとして現代サーカスアーティストらとの協同作品『昨日の手触り』、人形遣いとダンサーと美術家と世界を作りこんだ『こころの手触り』、ストイックに原点のジャグリングと音楽に回帰した『日常の手触り』の3作品を連続して発表した。

その他、『新猿楽記~cirque de kyoto~』(2020年)、スケラボ感謝祭|特別公演『君がしじまに』(2019年)、野毛大道芸スペシャルプログラム作品(2018年)、国際演劇祭「鳥の演劇祭 7」招聘(2014年)、Japan Juggling Festival ゲストステージ(2014年) 他。

▶公式サイト

Twitter

Facebook


お問い合わせ:055-989-8787(ヴァンジ彫刻庭園美術館)、info@scalelabo.jp(スケラボ)